「グループフェスティバル~忍び忍ばれ隠密者~」イベントストーリー感想

椿1枚目まで到達しました。

以下、イベストのネタバレ有感想です。

イベスト感想(ネタバレ有)

同居中の十夜がストーカー被害にあっているかも?守らなくては!と気合を入れる椿でしたが、実はストーカーにあっているのは椿の方でした。そしてストーカーの正体は、オフショットを撮影し、離れて暮らす妹に見せてあげたいという動機の持ち主、椿の実家の人でした。危ない人や悪い芸能記者じゃなくてよかったですね。

十夜はわりと早い段階からストーカーの目的が椿だと気づいていました。さすがです。実家の人だとはわかっていないようでしたが。

そして椿を守るという朝陽。いくらカンフーを習った中国人だとはいえ、中々難しいものがあると思います。正直弱そうに見えます(実際のところ、どれほどの腕前なんでしょうか)でも一生懸命な姿が素敵です。可愛いです。

一誠は頼りになりますね。十夜を一誠が送るというのを聞いてほっとされてるあたり、実に頼りにされてます。

アイキッズの出番もきっちりあって嬉しいです。口の悪い吉次くんとアダムの関係がとても好きなんです。吉次をホームに置いてみてください。(宣伝)

アイキッズには担当の先生がいるんですね。という情報をメモしておきます。

宗方さんは天上天下のメンバーに大人扱いされてました。そんなに歳離れてない気がしましたがやはり一児の父は落ち着きが違うんでしょうね(公式サイトのプロフィールで、行方不明になった兄の息子、であり実の息子でないことが判明してますが)

そしてストーカーを取り押さえる宗方さん。意外に肉体派の宗方さんです。

今回のストーリーでは椿と十夜の私生活が垣間見えたのが特に嬉しかったです。夕飯のメニューを話し合いながらの帰り道とか幸せすぎる光景です。しかしどうでもいいところを突っ込むと、たとえ連日鍋でも具を変えれば立派に栄養が取れると個人的には考えているのですが、いかがでしょうか。

スポンサーリンク
336×280
336×280

フォローする

スポンサーリンク
336×280